データ復旧 中古パソコン
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > 弁当レシピ > ベーコンとキノコの和風パスタ皿弁当

ベーコンとキノコの和風パスタ皿弁当


bekonmassyuwahuupasuta111219.jpg

今日のお弁当はベーコンとキノコの和風パスタ弁当

冷蔵庫にあったベーコンと、昨日安く売っていたマッシュルームなどを使って、

簡単にパスタを作って弁当にしましたぁ。

皿弁第二弾・・

この写真で弁当というもの無理があるのは、ジュウジュウ承知。

どっからどう見ても、弁当には見えないよなぁ(*´Д`)

でもまぁこれも弁当(強引な説得w)

サランラップを綺麗に巻いて職場まで!


今日のパスタ、ベーコンとマッシュルームをバター醤油味で。

無難かつ定番の味に。

簡単に出来て、美味しかったです♪


皿弁の特権、レンジでアッツアツになるまでチンして、
ほかほかパスタ、最高だったっ!!

部屋中に香るバターの香りが少し粋^^

こんな弁当、楽だし美味しいし暖かいし、

ハマリそうな予感です(*´艸`)



ベーコンとキノコの和風パスタのレシピ


【材料】 (1人分)

ベーコン ・・・  2枚
マッシュルーム ・・・  3個
アスパラガス ・・・  1本
塩 ・・・  少々
オリーブオイル ・・・  大さじ1/2

調味量A(味付け用)

醤油 ・・・  大さじ1/2
バター  ・・・  8g
みりん ・・・  小さじ1/2
だし汁 ・・・  小さじ1/2


【作り方】

ベーコンを1cm幅に、マッシュルームを5mm幅にスライスします。

アスパラは、茎の固い部分を切り取り、ハカマを取って5mm幅に斜め切りにします。

鍋に1リットルの水を入れ、塩小さじ1(分量外)を加え、パスタをアルデンテの固さに茹でます。


熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、ベーコンとマッシュルームとアスパラガスを炒めます。

アスパラガスに火が通れば、パスタを加え調味料Aを加えてよく混ぜ合わせます。

仕上げに味見しながら、味が薄い場合は塩で味を整えて出来上がり♪



↓ お帰りの前に、ポチッとお願いしますっ(・ω・`人)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ


今日のランキング順位は!

ブログ村 お弁当11位 (落ちた??)
人気ブログランキング11位 ((落ちた??)

↑ ランキング上がれば、泣いて喜びます

・゚・(ノ∀`)・゚・

テーマ:お弁当 ジャンル:グルメ


2011/12/19(Mon)21:40

こんばんわぁ!

皿弁当・・・うん!?お弁当!?
さすが、まさぼーさん^^笑
これは職場での話題に~~~!
持っていくときに傾かないようにですね!
レンチンした後のバターの香り思わず一口って言いたくなりそう♪

コメレス
まさぼーさんコーヒー、前にやめたんですか><。
やっぱり睡眠に関係あるんですね。。。私はなんでだ?
でも気をつけます!

名前:月ーまま (URL編集

こんばんは

2011/12/19(Mon)22:52

こんなお弁当が
職場に持って行けるっていいですね^^
レンジで温めたら
いい香りがして 周りの人も 食べたくなっちゃいそーですね!

名前:kotone (URL編集

2011/12/20(Tue)11:57

出たー!皿弁(笑

最近トマトソースのパスタしか食べてなかったから、これ見てドッキリンコ~
急激に食べたくなってきちゃった~

バターとしょうゆってなんてステキな組み合わせなんだろうね~♪

名前:ぬこ (URL) 編集

2011/12/20(Tue)19:18

月ーままさんへ

こんばんわぁ!!

皿弁当!!
??お弁当かな(笑)

職場では、バターの匂いが話題騒然に!!(^-^*)
持って行く時は、リュックの一番下に入れて、
慎重に持って行きましたよ^^
ぐちゃっくちゃになってたら、ショックだからねー

コーヒー止めて1年ぐらいたったかな?
寝れない悩みが無くなりました♪
何杯コーヒー飲んでも眠れる月ーままさんはいいなっ


kotoneさんへ

この日のお弁当、
レンジで温めたら、バターのイイ匂いしましたよー
周りの人も、ちら見してましたよ(笑


ぬこさんへ

出したー皿弁(笑)

トマトソースのパスタ、美味しいよねー
久しぶりに食べたくなったよっ( ´Д`)
トマトって、イイ味でるんだよなー

バター醤油、簡単なのに感動の味になるので大好きです!!
ホタテとか入っていると、もっと美味しかったかも^^

名前:まさぼ~ (URL編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top